蜘蛛の糸 5月2日

芥川龍之介の有名な短編小説に「蜘蛛の糸」がある。 カンダタは自分だけが地獄から抜け出したいと、自分の後に続いてくる 蜘蛛の糸に縋る地獄の亡者に、細い蜘蛛の糸が切れるのを恐れ、 離せと怒声を浴びせ、そのため自分の上で蜘蛛の糸は切れてしまい 再び地獄に堕ちてしまうことになる。 もしもカンダタが怒声を浴びせず…
コメント:0

続きを読むread more